%e9%a7%90%e8%bb%8a%e5%a0%b4%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b32

二条城の駐車場は無料?周辺の安い駐車場と混雑状況も紹介!%e5%9f%8e-%e9%a7%90%e8%bb%8a%e5%a0%b4

京都市中京区にある観光スポットの一つ「二条城」。

京都の文化財の中でも一、ニを争うほど世界から観光客が訪れ、土地の場所も含め正に【京都の中心】と言っても過言ではない建造物ではないでしょうか。

徳川家康が征夷大将軍に任命された将軍宣下と、江戸幕府の終わりを告げる大政奉還が発表された場所でもあり、日本の歴史=二条城とも言われています。

1994年に、ユネスコの世界文化遺産、『古都京都の文化財』の中の一つとして、世界遺産に登録されました。もちろん数多くの国宝や、数え切れないほどの重要文化財もあります。

 

そんな二条城に車で行くとなると、気になるのが駐車場と混雑状況。

 

できることなら駐車料金を安く抑えたいですし、混雑も避けゆっくり観光したいですよね。今回は二条城周辺の駐車場と混雑状況について調べてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

二条城周辺に無料の駐車場はある? 料金の相場は?

まず二条城周辺で無料で利用できる駐車場を探してみましたが、残念ながらありませんでした。どこも有料になります。

周辺駐車場の料金相場ですが、30分毎100円?300円。最大料金も1500円以内と比較的安くなっています。しかし収容台数10台以下がほとんどなので競争率は高いです。

まず場内敷地のメインとなる駐車場がありますので、こちらを紹介します。

 

二条城のメイン駐車場!「二条城駐車場」

こちらの駐車場が二条城内にあるメイン駐車場になります。

料金は2時間800円と少し高いですが収容台数は216台と広いので、駐車し易い駐車場です。

【料金】
最初の2時間 800円 以降30分毎 200円

【収容台数】
213台

 

この「二条城駐車場」がメイン駐車場になります。

それでは周辺の駐車場で安く利用できる駐車場をご紹介します。

 

二条城周辺の1番安い駐車場はここ!「二条城北パーキング」

こちらの駐車場は最大料金1000円と1番安く、二条城まで徒歩5分と好立地ですが、収容台数が3台なので空いていれば幸運なパーキングでもあります。

【料金】
全日08:00~22:00 30分100円
全日22:00~08:00 60分100円
全日08:00~22:00 最大1000円
全日22:00~08:00 最大300円

【営業時間】
24時間

【収容台数】
3台

【場所】

 

二条城周辺で比較的広めの駐車場!「御池美福パーキング」

こちらの駐車場は収容台数も10台と比較的スペースも広いので、利用できる可能性は高めのパーキングです。

【料金】
全日08:00~20:00 60分200円
全日20:00~08:00 60分100円
全日入庫当日24時まで最大1000円

【営業時間】
24時間

【収容台数】
10台

【場所】

二条城の混雑状況は?ピークはいつごろなのか

二条城の混雑する時期は春の桜シーズン秋の紅葉シーズンになります。

春の桜シーズンですが、毎年多くの人で賑わい、毎週末は必ずと言っていいほど混雑します。桜の見頃は『例年3月上旬から4月中旬』になっています。

そして二条城の桜と云えば夜のライトアップが有名です。開花シーズン中は18時?21時の間にライトアップされ、約400本の桜を照らし幻想的な景色を見ることができます。

なので期間中は昼夜問わず花見客で混雑するのでご注意下さい。

 

次の混雑ピークは秋の紅葉シーズンになります。

紅葉の見ごろとしては『11月上旬~12月上旬』とされています。この期間は紅葉で彩られた庭園と二条城の景色が合わさりとても綺麗な秋の空気を味わえます。

紅葉シーズンは夜のライトアップはしませんが、日中はかなりの観光客で混雑します。各シーズン中に観光を予定されてる方は、午前中の開場と同時に訪れるのをオススメします。

 

まとめ

二条城周辺の利用できる駐車場と混雑状況についてご紹介しました。

桜と紅葉の季節が有名ですが、二条城内には日本最古の庭園と言われている「神泉苑」や予約をすれば拝観もできる「京都御所」など重要文化財の建物が多数あるので、ピーク時でなくても観光を楽しめます。

日本の歴史に触れてみるのもオススメですよ。

 

さらにとっておきのテクニック!

安い駐車場を見つけるより、もっと簡単に大きく節約ができます!!

意外と知られていないこの方法でグーンと安くすることが可能です!

この方法で損しない生活にしましょう
( ̄ー ̄)ニヤリッ

続きを読む